色々な治療薬

不安を防ぐ

抗不安剤の使用

抗不安薬はかつて精神安定剤といわれ、精神の療法によく使われてきた薬剤である。抗うつ薬の次に、うつ病の治療で使われるものになっており、系統には四つの性質がある。日本で認可されており、うつ病の治療に使うことができる薬はベンゾジアゼピン系抗不安薬と、セロトニン1A部分作動薬である。チエノジアゼピン系の薬剤もよく使われている抗不安剤であり、効果を表すのが早いタイプと、長時間かかるものまで様々なタイプがある。このため、患者の症状に合わせて使うことができる薬剤となっている。抗うつ剤は効果が現れるのに長い期間がかかるという特性がある。しかし、抗不安剤であればすぐに効果が現れるので、治療にも不満が少ない。

強化療法など

うつ病の治療で、抗うつ剤を使っている初期の2週間までに、強い不安感を感じる患者もいる。こうした症状の場合は、抗うつ剤と併用して抗不安剤を使うことも推奨されているので、服用している患者も多い。抗不安剤は脳内の中枢神経にある神経伝達物質の動きを抑制する効果があり、これが不安を解消させる役割を持つのである。うつ病の治療においては使われることが検討される抗不安剤ではあるが、これを長い期間使うことは推奨されていない。抗うつ剤の効果が出てきたらうつ病による不安感が解消されることも多いので、そうなれば抗不安剤の使用は打ち切られる。また、抗うつ剤の効果が出てこない場合、強化療法で炭酸リチウムなどが用いられることがある。