安心する女性

治療方法の増加

安心の治療

精神が関係する病は体の内臓や器官に関する病気よりも研究が遅れている。このため、今では治療や対策が可能なうつ病や双極性障害、統合失調症などは長い間悪魔憑きなどといわれ放置や迫害されることが多かった。今ではそうした精神的な病気についても研究が進んでいるので、昔ほどは偏見も無くなってきた。20世紀初頭は精神病院に入院すれば長い間出てくることができないという認識があったのは事実である。電気ショックやロボトミー手術のような間違った治療方法が使われ、身体的にも障害を負ってしまう人も少なくなかった。しかし、今では神経系に関する研究も発達してきているため、そういった間違った治療は行われていない。精神的な病が疑われる場合、安心して精神神経科や心療内科を受け、適切に治療をすることができる。

正しく行なう

適切に治療を行わなければ、精神的な病は完治せず、悪化するばかりとなってしまう。このため、心療内科などでは精神病に関する正しい知識と治療方法について啓蒙する努力を継続している。正しく治療を行なうことで、社会復帰や生活の改善に繋げることができるのである。精神的にストレスを受けることでこうしたうつ病を発症してしまうのはもちろんのこと、神経系に異常が起こっていることで体調が悪くなってしまっている。この神経にはホルモンが流れているが、このホルモンの動きを薬でコントロールすることで、うつ病を改善させることができる。

うつの薬を工夫することで得られるメリットについて

現在、心身の不調により学業や就労、日常生活を送るのが困難である人でうつ病と診断を受けている人々が大変多くいます。うつ病の症状は人それぞれですが、心で感じるストレスが身体的な症状として表れる病のため、精神科や心療内科で診察や投薬を受けることが多いです。うつ病に対する薬は、その病の状態によっても処方される種類の薬は異なりますが、多くは抗うつ剤や安定剤といったものが処方されます。 それらを毎日決められた時間帯に飲むことでうつ病の症状は緩和されます。決められた量を決められた時間帯に飲むことで回復のメリットがあります。また、最近ではジェネリック医薬品というものがあります。医師からの処方箋をそれらに変えることで薬代金を安く済ませるメリットがあります。

うつ病の現在の取り組みやトレンドについて

うつ病の薬の現在の取り組みやトレンドですが、それらの病に対する専門医師は精神科や心療内科であることがほとんどです。そのため、医院の多くではうつ病の症状を少しでも緩和させるために医師は処方し、投薬治療を行います。薬は医院によって異なりますが、抗うつ剤や安定剤などを処方されています。 しかし、うつ病は心の病であるため、医院で処方された薬を飲んでいても症状は治まってきますが、また社会復帰したら再発したり、完全に回復するということは難しいといわれています。医院はあくまでも投薬治療が中心なので、症状を抑えることはできますが、うつ病の根本の原因までは解決することができません。そのため現在では、うつ病にはカウンセリングも併用して受診すると回復や緩和の効果があると言われています。

  • 抗うつの効果

    ヘルメットをかぶっている男性と落ちてくる岩

    抗うつ剤は高血圧を防ぐ薬として開発されたことがきっかけで開発されたものである。抗うつ剤を使えば神経の動きに重要な働きをするホルモンをコントロールすることで、うつ病の症状を軽減させることができる。

    詳しく読む

  • 睡眠とうつ

    悩む男性

    睡眠薬を抗うつ剤と併用し、うつ病の治療に役立てることもある。この病気にかかっている患者は不眠を訴える人が多く、それを改善するために使われる。服用方法や種類を検討しながら用いることになる。

    詳しく読む

  • 医師の判断

    薬を飲む女性

    病気にかかった場合、薬は医師の指示に従って飲むことが大事である。勝手な自己判断で治ったと考え、止めては危険である。うつ病の完治の判断は難しく、医師との相談によって見極めることが重要である。

    詳しく読む

  • 不安を防ぐ

    ベンチに座って悩む男性

    睡眠やうつを改善する薬以外にもうつ病治療で用いられるものはある。その一つが抗不安剤である。かつては精神安定剤ともよばれた、ベンゾジアゼピン系抗不安剤などがある。

    詳しく読む